雑貨通販・ショップ検索のポータルサイト「雑貨屋」ツイッターパーツ

member

  • login
  • registration

無料会員登録で新着情報や
プレゼントが当たるチャンス!


  • facebook
  • twitter

コンシェルジュ

コンシェルジュ

商品検索コンシェルジュがあなたに変わって行います。
無料で検索する時間を大幅カット!

依頼する

コンシェルジュとは

パートナーショップ

雑貨ショップの皆様へ

通販検索、ショップ検索などをはじめ、様々なサービスがございます。

あなたのショップを雑貨通販・ショップ検索ポータルサイト雑貨屋にご登録ください!

パートナーログイン

パートナーヘルプ

トピック

国産材の「木製玩具」復活の兆し。

2012.11.25

国産の樹木を使い、地元の職人が加工した高品質な木製玩具が復活しつつあります。
昨年度から住民の誕生祝いとして贈る事業をスタートする自治体もあり
デパートや各種イベントでも人気を集めています。

戦後、しばらくは玩具といえば国産でした。
現代社会ではおもちゃは電子式のおもちゃが主流となり、
子供たちが自ら遊ぶおもちゃがとても少なくなっています。

認定NPO法人「日本グッド・トイ委員会」(東京都新宿区)によると、
現在日本は国土の7割が森林という森林大国でありながら外国産に押され、
木製玩具の国産割合は1%にも満たない状況。

幼いときから国産の木に親しんでもらおうと、
同会は新生児に、国産材を使って地元の木工職人が製作した玩具を贈る「ウッドスタート事業」を昨年度からスタート。
自治体に協力を呼び掛け、新宿区や熊本県小国町など6自治体が賛同しました。

東京おもちゃ美術館(東京都新宿区)では昨年11月、
国産スギで作った「赤ちゃん木育(もくいく)ひろば」をオープン。
平日でも約100組の親子が訪れ、木のトンネルや木馬で遊ぶなど好評です。

以前は水や土、草花などの自然がおもちゃであり
また子供たちは自由に遊ぶ時間がありました。

現代社会では自然に触れる機会がとても少なく、
管理された時間がとても多くなっています。

私たち大人が自然とふれあうことを意識的に見つけ、
機会をつくってあげなければならないのではないでしょうか。

最新のトピック一覧