雑貨通販・ショップ検索のポータルサイト「雑貨屋」ツイッターパーツ

member

  • login
  • registration

無料会員登録で新着情報や
プレゼントが当たるチャンス!


  • facebook
  • twitter

コンシェルジュ

コンシェルジュ

商品検索コンシェルジュがあなたに変わって行います。
無料で検索する時間を大幅カット!

依頼する

コンシェルジュとは

パートナーショップ

雑貨ショップの皆様へ

通販検索、ショップ検索などをはじめ、様々なサービスがございます。

あなたのショップを雑貨通販・ショップ検索ポータルサイト雑貨屋にご登録ください!

パートナーログイン

パートナー登録

パートナーヘルプ

コラム

文章で伝えるということ

2014.06.03

文章で伝えるということ写真も画像も映像も引用サイトもなく、ただただシンプルに文章だけで何かを伝えるというのは、
意外に難しいことかもしれません。

 

最近のBlogやSNSでの投稿は、
写真や映像とともに自分の感想をちょこっと文章にして添えたりするものがほとんどですね。

 

また、数年前から流行りのまとめサイトは、引用ばかりでまとめてしまっても
充分に言いたいことは伝わってしまうシステムになっているので、
システムさえ把握できれば、伝える力があまりなくても簡単便利に
まとめを作成してアクセスを得ることができます。

 

そんな中で、文章だけでなにかを伝えるという機会が、
特にネットにおいて少なくなって来ているように思います。

そこで思い出したのが、写真も映像もリンクも加えられず、
文章しか投稿できなかったというWEB日記というものです。

WEB日記は確か、2000年ごろに多かったと思います。

そして、文字数制限もあり、500文字も投稿できれば多い方ではなかったかと思います。

私もその時代に文章だけで日常の何それを伝えるというWEB日記を更新していました。
当時は、スマートフォンはまだなかった上にパソコンを日常的に使う人も少なかったので、
ガラケーから誰かのWEB日記を覗くことが多かったのです。

ガラケーの小さな画面から誰かの日記を覗くのは、ほんのちょっとだけスリルがありましたし
文章のみの日記なので、読む方も色んなことを妄想してしまうわけです。

ところで最近、ちょっとしたエッセイをBlog形式で公開しようと考えております。
そこで、私自身も原点に戻って、久しぶりに文章だけで伝えるということを
楽しみたいなと思っているのです。

文章だけで伝えるということを楽しんでいたのは2003年ごろの話ですから
もうかれこれ、10年は経過しているわけですよね。

懐かしいやら自信がないやらでどうなるかわかりませんが
親指をフル稼働させて、スマートフォンで文章作成でもしようかなと思っています。

文章だけで伝えるって、実は結構楽しいのですよ。

 

 


カナリア響子【ライター】カナリヤ響子
2003年7月よりwebをメインに活動するインディーズアーティスト、シンガーソングライター。
オリジナル、カバー、コラボ、ユニットソングなど
itunesStore、AmazonMp3等にて配信中。

カナリヤ響子オフィシャルサイト