雑貨通販・ショップ検索のポータルサイト「雑貨屋」ツイッターパーツ

member

  • login
  • registration

無料会員登録で新着情報や
プレゼントが当たるチャンス!


  • facebook
  • twitter

コンシェルジュ

コンシェルジュ

商品検索コンシェルジュがあなたに変わって行います。
無料で検索する時間を大幅カット!

依頼する

コンシェルジュとは

パートナーショップ

雑貨ショップの皆様へ

通販検索、ショップ検索などをはじめ、様々なサービスがございます。

あなたのショップを雑貨通販・ショップ検索ポータルサイト雑貨屋にご登録ください!

パートナーログイン

パートナー登録

パートナーヘルプ

コラム

マネキンさん、お久しぶりです

2012.12.31

先日は久しぶりに、一人で渋谷を歩きました。
山手線で渋谷駅に着き、寒いからって手をポッケに入れながら改札口を出ました。

さあ、ハチ公口に向かおうかなって時に左の方から何かの視線を感じたのです。
気になって振り向いてみるとそこにはショーウインドーに飾られたマネキンさんが居ました。
引き込まれるように、そのマネキンさんを見つめていると忘れかけていた過去のひとコマが脳裏に蘇ったのです。

そう、確かあれは19歳の頃でした。
マネキンさんの前で立ち止まり暗黙にあることを問いかけていた私。
そんな私を行き交う通行人は時々不思議そうに見つめては、また通り過ぎて行った。
何をそんなに覗き込んでまで、マネキンなんか見つめてるのか?
もの言いたげな目に気づいてたけど気づかない振りをしてマネキンさんに注目していた。

たった今だってそう。
スーツを着たおじさんが 一瞬だけ、いぶかしげに目を向けた。
不意に目が合ってしまったお陰で我にかえり、私は再びハチ公口を目指し歩き始めた。

ハチ公口を出てみると目の前には沢山の人と車、そして大きなスクランブル交差点。
ちょうど青信号だったからダッシュして、まるでさっきのマネキンさんから逃げているかのような勢いで
息切らしなんとか向こう側へと渡りきり、また前へと進む。

そんな昔のこと、わざわざ今思い出さなくても…と自分に言い聞かせながらタワレコとマルイ のある通りを歩く。
すると、今度は進行方向右側で、また違うマネキンがショーウインドーの中に立っていた。
案の定、私はそこで無意識に立ち止まってしまったのだ…。

マネキンさん、お久しぶりです

さてさて、突然ですが。
さっき見たマネキンさんも今見てるマネキンさんも私にはとても凛として見えるのですよね。
だけど19歳の頃に見たマネキンさんは何故か泣いてるように見えたのです。

かわるがわる服を着せ替えられて、それは自分が望んだ服ではないかもしれない服を着せられて
ショーウィンドーの中、毎日立ってるのがマネキンさんの使命だったとしたら、
かわるがわる歌を着せ替えられて、それは自分が望んだ歌ではないかもしれない歌を着せられて
ステージの上、毎日歌ってるのが私の使命だったとしたら…
なーんて考えて行くうちに、19歳の私には目の前のマネキンさんが泣いてるように見えてしまったのです。

”忘れたウタは何ですか?”のスローガンのもと、 カナリヤ響子活動をはじめてから早いもので10年が過ぎました。
その中で、実は歌を着替えているという点は今も昔も結局は変わっていないのですよね。
今歌っているすべての歌が自分が望んだ歌なのかというと、正直そうではない。

けれども、今の私には目の前のマネキンさんが泣いてるようには見えないし、この私の心ももう泣いてなんかいないのです。
つまり、心の持ち方が変わったということなのでしょうね。
だから、マネキンさんも私も今日も楽しそうに笑っているのですよ。
今日の空がこんなに青いのは、きっと偶然ではないのです。

最後に。
19歳だった私がマネキンさんに問いかけていたこと。

それは…。

「毎日、楽しいですか?」

でした。

 


カナリア響子【ライター】カナリヤ響子
2003年7月よりwebをメインに活動するインディーズアーティスト、シンガーソングライター。
オリジナル、カバー、コラボ、ユニットソングなど
itunesStore、AmazonMp3等にて配信中。

カナリヤ響子オフィシャルサイト