雑貨通販・ショップ検索のポータルサイト「雑貨屋」ツイッターパーツ

member

  • login
  • registration

無料会員登録で新着情報や
プレゼントが当たるチャンス!


  • facebook
  • twitter

コンシェルジュ

コンシェルジュ

商品検索コンシェルジュがあなたに変わって行います。
無料で検索する時間を大幅カット!

依頼する

コンシェルジュとは

パートナーショップ

雑貨ショップの皆様へ

通販検索、ショップ検索などをはじめ、様々なサービスがございます。

あなたのショップを雑貨通販・ショップ検索ポータルサイト雑貨屋にご登録ください!

パートナーログイン

パートナー登録

パートナーヘルプ

コラム

とことんこだわる。

2012.12.11

まな板食材にこだわって料理をする方って多いと思います。

特にこんな時代だからこそ、毎日の食事には安全な物を使いたいものですよね。

 

そんな美味しい食材を買ったからには、包丁で切って調理をしなければいけません。

さて、ここで“まな板”に注目して下さい。

 

案外、適当に使える物で済ましている方がいるんじゃないでしょうか。

実際、直接食材が触れる場所となり、まな板にこそ、こだわりと注ぎたい所なのです。

 

そもそも“板前”という言葉があるぐらい、日本ではまな板は重宝されていた物でした。

海外では“カッティングボード”がありますが、皿代わりにも使うために、ちょっと意味合いが変わってきます。

特にオススメしたいのが、木のまな板です。

 

少し高価にはなってしまいますが、檜・檜葉・桐など素材によって様々な特性があり、

保管状態さえ良くすれば長きに渡って使用し続けられるのです。

 

鯛見た目も1本の木でできた“無垢材”の製品だと、柾目も美しく手入れも難しくないので重宝しそうですよね。

活きの良い鯛などを買ってきて、豪快に捌いていくなんて、絶対に板のまな板だと映えますよ。

毎日向かい合う物である、道具だけに、ここは思いきってこだわってみても良いかもしれませんね。

 

 


【ライター】なかごみこういち
ラジオミキサーにファッションライターなど、多岐に渡り活動をしている自由人。
毎日の生活に寄り添うような、そんな生活用品のコラムを連載中